カメラのことをあまり知らない素人の方は、カメラを選ぼうとしてもどのカメラがいいのか迷いますよね。

そこで、カメラの扱いに慣れていない素人の方が最初に購入するカメラとしておすすめなのが「コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)」です。

コンデジは近年流行しており、国内の様々なカメラメーカーから持ち運びが便利で高機能なカメラが数多く販売されています。

ということで今回は、コンデジの特徴の説明とカメラ素人の方がコンデジを使うメリット・デメリットをお話していきます。

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とは?素人の方に最適!

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とは?素人の方に最適!
カメラも以前はフィルカメラしかなかったものですが、現在ではデジタルカメラが主流になりフィルムカメラの生産数が減少しているのです。

そのデジタルカメラの中でも持ち運びに便利で使いやすいとして人気なのが「コンデジ」と呼ばれるコンパクトデジタルカメラです。特にカメラの扱いに慣れていない素人の方が最初に購入するカメラとして最適なのです。

この項では、まずコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とはどんなカメラなのか特徴を簡単にご紹介します。

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)とは?

コンパクトデジタルカメラは、文字通りミラーレス一眼や一眼レフと比較してコンパクトサイズのデジタルカメラです。

機能的にはスマートフォンのカメラ機能よりワンランク上といった感じで、一番はポケットに納まるサイズなので持ち運びがとても楽なことが大きな特徴です。

また、コンデジは価格が安く誰でも使えるカメラとして、スマホのカメラ機能で満足できない方が利用しています。最近では、より写真の写りがいいミドルクラスやハイエンドクラスいったタイプも販売されています。

一眼レフとミラーレス一眼との違いは?レンズ交換の不可

デジタルカメラは、先程も説明した通りコンデジ以外にも一眼レフとミラーレス一眼があります。

この、一眼レフやミラーレス一眼とコンデジの最も大きな違いはレンズ交換が可能かどうかです。
一眼レフやミラーレス一眼は撮るシーンに合わせて、標準レンズ、望遠レンズ、広角レンズ、魚眼レンズ、マクロレンズなどから最も適したものに交換して写真の撮影ができます。

一方のコンデジはレンズ交換ができないレンズ一体型なので設定で撮影するシーンを選択します。
コンデジは1台で様々なシーンで撮れるほか、最近はレンズ一体型でも超望遠ズームを装備したモデルも販売されています。

その他の違いとして画像センサーの大きさも挙げられます。
画像センサーはレンズから入る光を電気信号に換えるもので、撮像素子やイメージセンサーとも呼ばれています。画像センサーは基本的に「スマホ ⇒ コンデジ ⇒ ミラーレス一眼 ⇒ 一眼レフ」のような順番で大きくなります。

画像センサーが大きいと多くの光が集められるので綺麗な写真を撮ることが可能。例えば、景色を小さい画用紙に描くときは細かな箇所が表現できませんが、大きい画用紙に描くときはより細かな箇所が表現できます。

カメラ素人の方がコンデジを利用するメリットとデメリット

素人の方がコンデジを利用するメリットとデメリット
ここまでコンデジの特徴を説明しましたが、この項ではカメラの扱いに慣れていない素人の方がコンデジを利用するメリットとデメリットをご紹介します。前項の話の延長戦のようなメリット・デメリットになります。

コンデジのメリットとは?手軽で高性能さらに低価格

コンデジはデジタルカメラの中でも手軽に使えるように特にコンパクトさを追求したカメラです。

軽くて持ち運びに便利なだけでなく、最近は「手ぶれ補正機能」などの撮影モードが標準搭載されているので、素人の方も手ぶれを心配することなく簡単に写真が撮影できるメリットが一番大きいでしょう。

また、コンデジは他のデジタルカメラよりも価格が安いこともメリットとして挙げられます。
価格はピンキリですが、安いモデルだと1万円以下で購入できます。

基本はレンズ一体型のカメラなので、別にレンズなどのアクセサリーを用意する必要がありません。
このように『手軽で高性能さらに低価格』という特徴から、カメラに慣れていない素人の方が最初に利用するカメラとしてコンデジは最適といえます。

コンデジのデメリットとは?画質や機能面はほかのカメラよりも劣る

上記のような手軽で高性能さらに低価格というメリットがある一方で、画質など機能的な面でデメリットがあります。

先程から説明している通り、コンデジは本体とレンズが一体になっています。
基本的に一眼レフやミラーレス一眼のように、撮影するシーンに合わせてレンズは交換できません。

つまり、コンデジは搭載されたレンズ以上の写真は撮影できないということになります。
そのため、写真の画質の面では一眼レフやミラーレス一眼と比較すると劣ります。

また、ズーム機能が搭載されていますが、ズームになるほど画質が悪くなりズームにも限界があります。最近は10倍以上ズームができるタイプも登場していますが、やはり一眼レフやミラーレス一眼と比較すると劣ります。

そこで、カメラを初めて購入する方はいきなり一眼レフを購入するのではなく、まずはコンデジを購入して、慣れてきて画質などの物足りなさを感じたら一眼レフやミラーレス一眼を購入するのがおすすめです。

まとめ

ここではカメラに慣れていない素人の方におすすめのコンデジについてご紹介しました。

現在のデジタルカメラは3種類のタイプはありますが、カメラ素人の方にはコンデジがおすすめです。
コンデジは軽くて持ち運びに便利なだけでなく、手ぶれ補正機能などの機能が標準搭載されているので、素人の方でも簡単に写真が撮影できます。

しかし、基本は本体とレンズが一体になっているため画質はどうしても他のカメラよりも劣ります。
最近はインスタグラムなどのSNSが流行して、いきなり一眼レフやミラーレス一眼を購入する人はいますが、操作に慣れていない素人の方はコンデジから購入することをおすすめします。